不況時代に重宝するインテリアコーディネーターの資格

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの通信教育は、インテリアコーディネーター試験や空間プランナー試験対策のための教材です。
インテリアコーディネーターの資格を取得すればインテリアメーカーで働くことができますし、住宅メーカーや不動産関連の仕事建築関連の仕事で、活躍することが出来ます。
また百貨店やホームセンターなど、快適な生活空間をアドバイスできるプロとしての活躍の道も開かれます。

様々な通信教育でインテリアコーディネーターの教材がありますが、1次試験だけでなく、2次試験対策もしっかりとカバーされている教材もあります。
2次試験では、論文とプレゼンテーションがありますので、これから通信教育でインテリアコーディネーターの資格を取得しようと思っている人は2次試験のための論文の書き方や、プレゼンテーションで成功できるための方法も教えてくれているような教材を選ぶのもいいでしょう。

また大半の通信教育が、カリキュラムを終了すると空間プランナーの資格も同時に取得できるケースが多いので、ダブルライセンス取得を目指している人にとっては、1度の勉強で2つの資格を取得できるのが特徴です。

インテリア関係の仕事をしたいと思っている人をしっかりサポートしてくれます。

実は知らない… インテリアコーディネーター通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

インテリアコーディネーターの資格を通信教育で学ぶメリットについてですが、独学での勉強とスクールに通う勉強法の良いところだけをとって勉強できる点がメリットとして上げられます。
独学で勉強するためには、インテリアコーディネーターの試験に合格するための勉強方法を知らなければいけませんがそれが分かりません。
ですが通信教育なら徹底したカリキュラムに沿った勉強ですから合格への近道になります。

ですがノウハウはあっても学校の場合には通わなくてはいけませんし、仕事との両立が困難な人もいるでしょう。

その場合、通信教育なら自分の都合に合わせて勉強できるメリットもあります。
インテリアコーディネーターの通信教育ではサポート体制もしっかりしているところが多いですから、わからないことがあっても手軽に質問も出来ますから、スクーリングと代わらないサポートを受けられます。

独学で勉強をしていると自分の弱い部分がわからなですが、通信講座の場合には、添削などもありますので、どこが弱いのか徹底して知ることもできてフィードバックが可能であることもメリットです。

またインテリアコーディネーターの学校へ通えば学費が高くつきますが、スクールよりも通信講座なら安く勉強できるのもメリットとして上げられます。

知って得する! インテリアコーディネーター通信講座のデメリット

デメリット

インテリアコーディネーターの資格を通信講座で勉強をするデメリットについてですが、カリキュラムがいくら決まっているとはいえ、自分で進めていなければ前には進みませんので、結局は自分で学習の計画を立てなければ進みませんから自己管理能力が必要です。

自己管理能力がない人や、あまり勉強をしても続かない人にとっては向かないかもしれません。
また有効期限なども設定されており添削などもありますので、インテリアコーディネーターの通信講座は自分のペースで勉強できるとは言え、ある程度は、勉強に期限がありますので、それにあわせて終わらせないといけないというデメリットがあります。

資格試験や出題傾向、最新情報などを入手しやすい通信講座もありますが、だいたいの傾向だけ沿っていて、あまり最新情報に沿っていないところもあるので、スクールよりも情報の新鮮さが劣るというデメリットもあります。

スクールなら先生がいますから、わからないことがあればその時にすぐに解決することができますが、問題を解決するのに、サポート体制がいくら整っていたとしてもその場ですぐに解決には至らないのがデメリットです。
どうしても1人での学習なのでなかなか続かないこともデメリットとして上げられるでしょう。

インテリアコーディネーターの資格を取得すると…

≪資格の活かし方≫
資格取得後は、リフォーム会社や住宅関連のメーカー、建築設計事務所に勤務する人が多数を占めます。
産業界での評価も高いので、建築関連の企業なら資格手当がつくほか、設計部門など専門分野で高収入も狙えます。

信頼と実績のある資格ですので、インテリア業界を目指す第一歩としてもおすすめです。

≪こんな人が向いています≫
ファッションセンスや色彩感覚が活かされるため女性に人気のある資格です。
顧客のニーズを的確に把握し、最適なライフスタイルを提案できる発想力が求められます。

そのためには、インテリアに関する知識だけでなく、建築の構成材や空間デザイン、コスト管理などの幅広い知識が必要です。
またインテリア業界は流行の変化が激しいので、常に新しい知識を求める探究心と変化に対応できる柔軟な思考力も大切です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

■■合格できなければ全額返金■■インテリアコーディネーター&空間プランナー講座〈18〉★★資格取得応援キャンペーン!全講座1万円割引!★★
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(税込)
【その他】※分割払いあり
標準期間 約3ヶ月
送付物 テキスト 10冊 / DVD 10枚 / 添削問題 2冊 / 学習ガイド 1冊 / 模擬試験集 1冊練 / 練集問題集1冊 / 別冊用語集1冊 / 三角スケール / 字消し板
※講座を申し込んだ方に限り、DVDプレイヤーを特別プライスで提供
対象 「知識ゼロという初心者でも大丈夫」「全国どちらでも受講可能」
目指せる資格 Wライセンスの取得ができます!
○社団法人インテリア産業協会「インテリアコーディネーター」
○一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)「空間プランナー資格」
8ヶ月で合格力が身につく!【インテリアコーディネーター講座】[ON]
費用 【入学金】0円
【受講料】49,000円(総額制・税込)
【その他】教材費込み
※分割払いあり(月々3,800円 ×13回)
標準期間 約8ヶ月
送付物 テキスト7冊、カラー資料集 ようこそショールームへ、攻略ワークブック、直前必読キーワード集、1次試験基礎力チェックテスト100、資格試験問題集(3冊)、ガイドブック、合格BOOK、DVD3巻、※パーソナル添削セット一式
対象 初心者歓迎!
インテリアコーディネーター試験合格を目指す方に。
目指せる資格 インテリアコーディネーター資格試験
教育訓練給付制度対象講座
インテリアコーディネーター1次・2次試験合格対策通信講座
費用 【入学金】0円
【受講料】73,500円(総額制・税込)
【その他】*1次試験を既に1科目合格されている方は、その該当する受講料でご案内いたします。お気軽にお問合せ下さいませ。
標準期間 約8ヶ月
送付物 1・2次テキスト各2冊(販売・技術・論文・製図)/一問一答集1冊/1次過去問2冊(販売・技術)/2次ワークシート2冊(論文・プレゼンテーション)/1・2次添削課題/学習ガイド/日程表
対象 2013年にインテリアコーディネーター資格試験受験予定の方。
初めて勉強される方も安心して臨めます。
目指せる資格 インテリアコーディネーター