不況時代に重宝するカラーコーディネーターの資格

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの通信講座は、カラーの知識を学んで、センスを身に付けることができる通信講座です。
色の知識を身に付けるということは、様々なジャンルで幅広く活躍させることができます。

例えばインテリア業界でも色は重要ですし、アパレル業界においても、色は選ぶ際の基本になりますので、どのような業界でも、カラーコーディネーターの通信講座で身に付けた知識やスキルは役に立つことができます。

色に対しての基本となる知識を身に付けて、色の世界を、演出することができるようになるための、基本の知識と技術を通信講座ではまなぶことになります。
一人ひとりに合う色が分かるようになるような、パーソナルカラー診断も通信講座を進めて行くうちに、出きるようになりますので、自分自身のセンスアップにもつながります。

仕事やキャリアアップでカラーコーディネーターの資格が必要はない人であっても、もっているだけで自分のセンスアップにもつながりますのでおすすめです。

ファッション色彩能力検定やカラーコーディネーター資格の資格取得に対応している通信講座もあります。
色彩チャートがついていて、色についての基本から学べる講座もありますのでオススメです。

実は知らない… カラーコーディネーター通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

カラーコーディネーターの通信講座を受けるメリットについてですが、カラーコーディネーターは今とても需要が高い仕事といってもいいでしょう。
色彩のプロの知識、配色のスキルが求められている分野というのはこれからもどんどん広がり、一つの業界のみならず、様々な業界でも、カラーコーディネーターは活躍をしているのです。

ですから需要が高い仕事ですので、通信講座で勉強をしてスキルを身に付けることはとてもメリットになるでしょう。

今現在就いている仕事で、キャリアアップをすることを目的として、通信講座を受けて仕事との両立をしながら、カラーコーディネーターの資格を取得している人も多く、仕事と両立できるメリットがあります。

中でもファッション関係の仕事やアパレル関係の仕事についている人にとっては、カラーコーディネーターの知識はとても役に立ちます。
キャリアアップに確実に繋がると言ってもいいのです。

そしてカラーコーディネーターという道での独立開業することができるメリットもあります。
実力がある人は個人で企業と契約をして収入が得られるメリットにも繋がります。

仕事に活かさなくても、自分のセンスアップにも役立つ通信講座ですからメリットとしては大きいでしょう。

知って得する! カラーコーディネーター通信講座のデメリット

デメリット

カラーコーディネーターの通信講座を受けるデメリットについてですが、今現在カラーコーディネーターの資格が活用できるような仕事についている人にとっては、自宅で仕事と両立をさせながら勉強することができることはとてもメリットとして大きいですが、全くの初心者の場合はそうではありません。

どんなに初心者が受けるにしても行き届いているカラーコーディネーターの通信講座を受けたとしても、自分で勉強をしなければいけませんし、まったくの初心者で勉強をして、そして習得したスキルや知識だけで、カラーコーディネーターとして仕事に就くことは難しいのです。

そして通信講座という特徴から、孤立して勉強をしますので、どうしても、挫折してしまうというデメリットもありますし、わからないことがあっても、質問することができません。
また人脈を作ることができないので、そういった点では、カラーコーディネーターの通信講座を受けるデメリットはあるかもしれません。

コツコツと自分のペースで学習を進められる人ならいいですが、サポート体制が整っていても最終的には進めるのは自分ですので、そのことを頭においておかなくてはいけません。
カラーコーディネーターとして活躍したいならそれなりの通信講座選びが必要です。

カラーコーディネーターの資格を取得すると…

≪資格・スキルの活かし方≫
洋服から、インテリアや雑貨、食品など、ありとあらゆるところに色彩は使われており、カラーコーディネーターはさまざまな職業で活躍できます。
デザイン関係の就・転職はもちろん、企業内でカラーコンサルタントとして活用する事も可能。

配色センスと専門知識を活かし、食料品や衣料品、住宅などの各種メーカーの商品開発、広報部で、商品や広告の制作に携わるほか、販売や営業などの接客業でもその知識は役に立つでしょう。

≪こんな人が向いています≫
色彩に関する専門知識や美的センスはもちろん、人々を納得させられる、しっかりとした論理性を持っている事も大切です。

色彩検定は、単独よりも他の資格や専門スキルと組み合わせることで、アピール力が高まる資格です。
服飾デザイナーやインテリアコーディネーターなど、色彩の重要度が高い職業であれば、本資格を取得することで同業者との差別化を計ることができるでしょう。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

論文試験を万全に対策!カラーのプロが添削指導!【東商カラーコーディネーター検定1級 論文添削講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】15,000円(総額制・税込)
【その他】カードでの分割可
標準期間 約2ヶ月
送付物 添削課題4枚(全分野共通問題2問、分野別問題2問)、質問用紙2枚
対象 東商カラーコーディネーター検定2級までの知識をお持ちの方
目指せる資格 東商カラーコーディネーター検定1級 【第1分野】ファッション色彩 / 【第2分野】商業色彩
【カラーデザイン検定2・3級対策講座】実務で使えるカラーのスキルを身につけて資格も取得!
費用 【入学金】0円
【受講料】47,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払
標準期間 約6ヶ月
送付物 1.講義DVD 計4枚(各級2枚)
2.講義テキスト(「カラーデザイン公式ガイド」感性編) 1冊
3.講義テキスト(「カラーデザイン公式ガイド」技巧編) 1冊
4.カラーデザインカード216
5.カラーデザイン検定確認テスト 計4回(各級2回分)
対象 初心者歓迎!
・実務で使えるレベルのカラーのスキルを身につけたい方
・カラーの資格を取得したい方
目指せる資格 カラーデザイン検定2・3級
効率学習で色彩検定1級合格へ!AFT認定講師が添削指導!【AFT色彩検定1級試験対策通信講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】98,000円(税込)
標準期間 約4ヶ月
送付物 (1)色彩検定対策テキスト(2)オリジナルテキスト・課題集(3)ガイドブック(4)配色カード(5)配色入門(6)文房具
対象 AFT色彩検定2級をすでに取得されている方
目指せる資格 AFT色彩検定1級