司法・労務の資格 通信講座

司法・労務の資格 通信講座【無料資料請求はコチラから】

司法・労務の資格は、主に法律の知識を身に付ける必要があります。

合格をすれば、裁判官や検察官、弁護士になれる司法試験や町の法律家として、人の役に立てる司法書士、行政書士、企業で労務管理をしたり社会保険のアドバイスなどもできる社会保険労務士などがあります。

資格をざっと一つ一つ見てみると、行政書士は、会社の設立、認許可申請書類、権利義務や事実証明などの書類を代行する仕事をするための知識やスキルを身に杖増す。

社会保険労務士は、企業の人事や労務関係、労働社会保険に関する諸監督署への、関係書類を作成して出したり、アドバイスをする専門家です

司法書士は、日常生活にかかわる法律の専門家で、依頼者からの仕事を請け負って会社を設立したり、土地購入に必要になる登記手続きをしたりします。

通関士は、輸出輸入業者と税関の間に入って、関連した書類を作成したり審査したりする仕事をします。

貿易関連で唯一の国家資格となっています。

そして最近人気の弁理士の資格ですが、企業の特許権、実用新案権、商標権といった産業財産権の申請代行をするのが仕事です。

それ以外にも人気のある司法・労務の資格としては、ビジネス実務法務検定などがあります。

司法・労務の資格通信講座一覧