不況時代に重宝する秘書技能検定の資格

秘書技能検定

秘書技能検定の通信講座は、秘書技能検定に合格するための学習ができる講座です。
秘書技能検定は、秘書として必要な資質や社会的な常識、企業の仕組みなど、一般知識とマナーや接遇、そして文書作成、スケジューリングと言ったスキルを認定するための資格です。

通信講座で秘書技能検定に向けての学習を行い、合格に必要な知識やスキルを身に付けていきます。
秘書技能検定は3級から1級までランクが分かれていますので、それぞれのランクごとに、通信講座のコースを選びましょう。
例えば秘書技能検定3級を受検するなら3級受験コースがあり、こちらは受講期間はだいたい4ヶ月程度となっています。

このように3級から1級までコースが分かれているので受験したいコースを通信講座で勉強することになります。
秘書になりたい人は勿論ですが、秘書技能検定を受検して認定されることは、社会人にとって必要な知識、常識やマナー、接遇を身に付けていることの証明になりますのでこれから、就職活動をする人にとっては面接試験で好印象を与えられるので役立ちます。

また社会人経験が浅井人にとっても、社会人として会社の基本となる仕組みを理解したり、文書管理などのスキルアップにも繋がるのです。

実は知らない… 秘書技能検定通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

秘書技能検定の通信講座のメリットは、秘書に成りたいと思っている人以外にも、基本的な社会人としての常識やマナーが身につく講座なので将来的には勿論ですが今の自分にとってもビジネススキルアップに繋がるメリットがあります。
秘書を目指している人以外にも、社会人全般に役立つ講座です。

秘書技能検定の検定試験は、誰でも受検可能で、順番に受験しなくても、いきなり1級からの受験もできるので、通信講座で勉強をして受験に必要なスキルを身に付けていれば、1級の1発合格も夢ではありません。

今どんな仕事をしていても、接遇マナーなどはサービス業以外の人にも求められている資質です。
そして秘書技能検定ではマナーはもちろん、立ち居振る舞いなども学習することができるので、今後のビジネスやこれからの就職、転職でも相手に対して好印象を与えることは間違いないのです。

合格率は、3級が61パーセント以上、2級が合格率60パーセント以下、準1級が、40パーセント以下と、それほど低い合格率ではありませんから、仕事と資格取得を目指して通信講座を両立させることは十分に可能です。

通信講座なら、空いた時間を利用してしっかりと、自分のペースで学習を進めていき、必要なスキルが身につきますのでオススメです。

知って得する! 秘書技能検定通信講座のデメリット

デメリット

秘書技能検定の通信講座を受けるデメリットですが、通信講座がもともとむかないタイプの人にとっては、この勉強のスタイル自体が、デメリットとなるでしょう。
なぜなら独学と同じで教材は用意されているものの最終的には自分で時間管理をして計画を立てて通信講座を進めていかなくてはなりません。

独学よりは、より検定試験の内容に沿うカリキュラムで沿った内容になっているとはいえ、それでも勉強を進めていくのは自分ですから、最終的に自分で学習をしなければ身につかないのです。
そして独学で参考書などを購入して勉強をするよりも費用の面で高くつくというデメリットもあるでしょう。

今まで何をやっても続かなかった人や3日坊主になりやすい人にとっては、秘書技能検定通信講座受けても挫折してしまう可能性が高いというデメリットがあります。
学校に通って直接受講するよりも自分のペースでできる反面、それが逆に向かないタイプの人もいるのです。

合格率は受験する級によってはそれほど高くはありませんが、勉強しなくても合格できるほど安易な試験ではありませんから、通信講座のカリキュラムに沿ってしっかり学習しなければいけません。
勉強をコツコツするのが苦手な人にとっては、通信講座はデメリットになるでしょう。

秘書技能検定の資格を取得すると…

≪資格・スキルの活かし方≫
典型的なのは、就・転職活動で履歴書の資格欄に書いてアピールする方法。
面接試験があり難易度もやや高い「準1級」を取得できれば、就職活動の強い味方になってくれるでしょう。
また最近はビジネスのグローバル化が進んでいるため、外資系企業でなくても英語でのメールや電話のやり取りをする機会が増えています。

秘書業務に必要な力に加えて語学力を磨いておくと、就職先の選択肢がさらに広がります。

≪こんな人が向いています≫
仕事に忙殺される企業の経営トップが、日々的確に意思決定を行い、円滑に業務を遂行できるようにサポートをするのが秘書の役割。

そんな仕事に向いているのは、自分が前に出るのではなく、むしろ舞台裏で人を支えることに喜びを感じられるタイプの人です。
また、膨大な情報をきちんと管理できる几帳面な人や、細かなところまで気配りができる人もこの仕事に向いています。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【 秘書検定準1級・2級講座 】 秘書検定指導の第一人者が試験合格のポイントを集中指導!!
費用 【入学金】0円
【受講料】28,000円(総額制・税込)
【その他】≪支払方法≫
[一括・分割]クレジットカード/教育ローン
[一括]銀行振込/コンビニ払/代金引換払引換(一括)
標準期間 約3ヶ月
送付物 ・テキスト 3冊 
・講義DVD 4巻
・実力診断テスト 4回
[添削:4回]
対象 初心者歓迎
これから社会人になられる方、マナーを身に付けたい方大歓迎です!
目指せる資格 秘書検定(準1級・2級)