不況時代に重宝する消費生活アドバイザーの資格

消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーの通信講座は、会社や、行政、そして諸費者の間に入って、消費者の声を企業、行政に反映する仲立ちとなるアドバイザーの資格を取得を目指した講座です。
消費者の相談に応じるなど活躍の場所は色々とあります。

消費生活アドバイザーは、消費者、企業、そして行政機関の間にはいって、かけ橋になって、広い業界の消費者施行体制を整備するなど、様々な活躍の場があります。

求められている能力としては、消費者生活の経験がある女性、そして主婦になじみやすい特徴があるので、最近は主婦で子育てが落ち着いてから消費生活アドバイザーの資格取得を目指して通信講座を受ける人が増えています。

通信講座を受けて資格取得後は、デパート、スーパー、それぞれのメーカー、自治体などの消費者センターで仕事をすることができます。
受験している人は、今製造業についていたり、卸小売業についているひと、金融保険業についているひとや、運輸通信業やサービス業についている人など、いろいろな仕事についている人が受験しています。

パートでも、募集している企業も増えていることから、主婦が子育ての合間に通信講座で勉強をして資格を取得して消費生活アドバイザーになるケースも増えています。

実は知らない… 消費生活アドバイザー通信講座のメリット

メリット
※画像はイメージです。

消費生活アドバイザーの勉強を通信教育で行うメリットは、自宅で勉強を自分のペースで進められる点にあります。
消費生活アドバイザーの資格を取得しようと思っている人の中には、主婦が増えつつあります。
主婦で子供がいる場合には、外に勉強をしに行くことはなかなか難しく、自宅で自分のペースで家事や子育ての合間に勉強をすることができる通信教育というスタイルはとてもメリットが高い勉強法です。

独学で勉強するにしても計画をどうやって立てればいいのか分からないと思いますが、通信教育ならカリキュラムに沿って学習計画も立ててありますので、その通りに進めれば勉強できるのがメリットです。

学校に通うよりも時間的にも融通がききますし、費用の面でも安いのが特徴です。

消費生活アドバイザーになれば買い物のアドバイスや、商品開発や企画に関する消費者の立場からのアドバイス、消費者ムケの広告やパンフレットの作成やチェック、苦情の相談や使い方のアドバイスや助言などもできるようになります。

消費者の代表と言えば主婦、その主婦の日常のノウハウを活かして仕事をすることができる消費生活アドバイザーは通信教育でも十分スキルを身に付けることができます。

知って得する! 消費生活アドバイザー通信講座のデメリット

デメリット

消費生活アドバイザーの通信教育を受けるデメリットですが、受ける人の中には主婦で子育てをしている最中だという人も沢山いらっしゃいます。
子育てや家事の合間に家でも学習できる消費生活アドバイザーの通信教育はとても自分のペースで勉強できるのでメリットだといえますが、合間にやろうと思っても、意外とできないもので、それがメリットでありデメリットにもなるのです。

家事や子育ての合間に勉強しようという程度の意気込みでは残念ですが、なかなか学習が進まないのです。
合間にできるとはいえ、自分で毎日この時間に必ず勉強しようと、計画を立てなければ途中で挫折するというデメリットにもつながります。

また通信教育の種類によって関連資格が色々とあるので、自分がどれを取得したいと思っているのか明確にしておく必要があります。

例えば消費生活アドバイザー以外に、消費生活専門指導員という国民生活センターが行っている資格試験もありますし、消費生活コンサルタントという資格もあり、これは、消費生活コンサルタントの通信教育を修了した人全員がもらえる称号です。

消費生活アドバイザーになるために通信教育を受けるなら、その種類もチェックが必要です。

消費生活アドバイザーの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
全国の地方公共団体に設けられている消費者生活センターや商品テスト機関、デパート、スーパーなど、活躍の場はさまざまです。

複雑化する消費社会の中で、相談・苦情のリスクを回避するためにも、消費生活アドバイザーに対する企業側のニーズはこれからも増加することは間違いないでしょう。
資格取得者同士でネットワークを組み、個々の専門性を活かした相談対応や消費者教育など、働くスタイルも多様化しています。

≪こんな人が向いています≫
消費生活アドバイザーは、商品に関する基礎的な知識はもちろんのこと、新製品や新サービスを常にチェックするなど、時代の流れに敏感で、かつ、冷静な判断力が要求される仕事です。
1980年の第一回試験から2000年度までの資格認定者は8,172人。年齢、職業ともに幅広い受験者層ですが、生活者としての経験が活かせるとあって女性の受験者が特に多く、現在有資格者の6割は女性が占めています。

家事従事者の割合が高いのも特長です。

通信講座で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信講座の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

【資格認定団体が主催し、産業能率大学が実施】消費生活アドバイザー通信講座
費用 【入学金】0円
【受講料】29,400円(総額制・税込)
【その他】教材費込み
小論文付講座は33,600円
標準期間 約12ヶ月
送付物 ●教材5冊(小論文付講座は6冊) ●スタディー・ガイダンス1冊 ●ライセンスNEWSレター(随時発行) ●添削9回(小論文付講座は10回)
対象 消費生活アドバイザーをめざす方
顧客対応・消費者相談の仕事に興味がある方
目指せる資格 消費生活アドバイザー(内閣総理大臣及び経済産業大臣の事業認定)