不況時代に重宝するコーチングの資格

コーチング

コーチングの通信教育は、コーチングのスキルを身に付けるための、学習ができるコースです。
会社や仕事の中で、今様々な環境が取り巻いていますが、その環境は日々変化していますが、一人ひとりのやる気を引き出して、その能力を活かすこと、それがコーチングに必要な能力です。

部下を育成する立場にある人、生産性アップと目標達成が必要とされている人、学習する組織やチームワークを強める必要がある人といったように会社などで働いている人にとって、チームワークを必要とする場所ではコーチング能力を身に付けることはとても必要なことです。

コーチングはマネジメント以外にも、対外的に交渉をしたり、なにかのプロジェクトを進める際にもとても効果的に使えるコミュニケーションの力ですから、身につけていると自分の役に立つ力です。

人と接する仕事、部下を1人でも持ったなら、コーチングのスキルを通信教育で身につけておくと将来的にも役に立つでしょう。

コーチングの通信教育は、3ヶ月程度の受講期間なので手軽に、通信教育でコミュニケーション能力を身につけることができるようになります。
今の仕事にも役に立ちますし、これからの仕事、そして就職や転職にも役立つスキルです。

実は知らない… コーチング通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

コーチングの通信教育を受けるメリットについてですが、コーチングは資格ではありませんが、ビジネスにおいて身に付けているととても役に立つスキルです。
コーチングのスキルが身につけば、部下を指導する考え方や、育成の考え方が変わって、変革にもつながるのです。

今までもっていたコーチングスキルをさらにスキルアップさせることもできますし、通信教育で様々なケースを勉強することによって具体的に、コアなスキルを身に付けることにもつながります。

部下を持っている人にとって、日々部下との接し方というのはとても大変だと思いますが、通信教育でコーチングのスキルを身に付ければ、一人ひとりの部下の、もっている能力や性格を見極めたうえで、その人が持っている潜在能力や可能性についても、引き出して上げられます。

そのことにより部下との信頼関係も深くなりますし、仕事も円滑に進むようになり、職場でのあらゆることが上手く行くようになるというメリットもあるのです。

通信教育なら学校に通ったりする必要もありませんから自分のペースで自宅で学習を進めていけるメリットもあります。
独学で勉強するよりも、より本格的なスキルを身に付けることにもつながります。

知って得する! コーチング通信教育のデメリット

デメリット

コーチングのスキルを通信教育で勉強することのデメリットですが、通信教育なので自分で進めていかなくてはいけないデメリットがあります。
コツコツと計画を立てて計画に沿って学習できる人ならいいのですが、コツコツ地道に学習することが苦手な人にとっては、コーチングの学習を通信教育で受けることは向きません。
自分で学習することが苦手な人はスクーリングや実際に講師が教えてくれる講義を受けた方が身につきやすいでしょう。

カリキュラムや学習の流れは決まっていますが、最終的に、そのカリキュラムの通りにコツコツと進めていくのは自分です。
三日坊主になってしまったり、途中で投げ出したり、挫折してしまう可能性が高くなるのが通信教育のデメリットです。

自分で努力して続ける、最後までコーチングのスキルを自分で身につけようという気持ちがないのであれば長続きさせることができません。
コーチングは目で見て学習するよりは、DVDなどをみて様々なケースを実際に目で見て学習した方が良いですから、通信教育の種類も選ぶ必要があるでしょう。

全てテキストだけの通信教育よりもDVDなどを交えている物を選ぶことをオススメします。
その方がより身につきやすく分かりやすいでしょう。

コーチングの資格を取得すると…

≪学べること・学び方≫
最近注目を集めている人材開発手法に「コーチング」があります。
コーチングとは、相手の話を聞き、質問をしながら、不安や悩みを解消し、解決方法を気づかせ、相手を目標に向かって後押しする手法です。

単に、解決策を教授するのではなく、相手とともに解決策を探りながら、能力を引き出していくのがこの手法の特徴です。
コーチングを効果的に行うためには、高度なコミュニケーション能力が必要になります。

スクールでは、考え方と手法だけでなく、実際にコーチングを行いながら実践的なスキルを学ぶことができます。

≪こんな時に役立ちます≫
コーチングは企業で最も注目を集めている人材開発手法です。
コーチングの能力を有していることは、すなわち部下や同僚と適切で深いコミュニケーションを取る能力を持っていることを意味します。

人を動かす立場に立たなければならないリーダーやマネジメント層の人々だけでなく、ビジネスパーソンの基本的なコミュニケーション能力の一つとして大きな注目を集めています。

≪豆知識≫
その名前の通り、コーチングはもともとスポーツの分野から生まれました。
コーチは選手の体調や練習の効果、精神状態などを考慮しながら、目標に向かって選手をもり立てていかなければなりません。

1950年代にハーバード大学でビジネススキルとしてこのコーチングが注目され、以後アメリカを中心に多くの企業で採用され、近年ではコーチングを専門に行うプロフェッショナルも登場しています。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

経済学概説、経営学概論、国際マーケティング論、広告心理学、コーチング心理学、メンタルヘルス・マネジメントなど仕事に必要な大学の授業を1年間学ぶ!【科目等履修生(ビジネス・心理コース)】
費用 【入学金】20,000円
【受講料】48,000円(総額制・税込)
【その他】*教材費等を含みません
*20,000円は登録料です。
*48,000円は3科目のお値段です。それ以上は別途になります。
標準期間 約12ヶ月
送付物 入学手続き案内、通信教育ガイドなど。
教科書はホームページから注文可能(別途料金・送料無料)。
大学案内や募集要項は無料で送付いたします。
対象 初心者歓迎。仕事や家事と両立して学びたい方に。
※高等学校卒業またはそれと同等の学力を有する方が対象となります。
目指せる資格
人材ビジネスに役立つW資格を取得!! 【プロフェショナル 人材コーディネーター養成通信講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】220,500円(総額制・税込)
【その他】教材費21,000円 ※クレジットカードでの分割払いもご利用できます。
標準期間 約7ヶ月
送付物 プロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー養成講座マニュアル 3分冊/一括配本、サブテキスト、参考資料
対象 初心者歓迎!以下のような方におすすめの講座です(全国どちらからでも受講可能)。
■人材ビジネス業界、人材派遣会社で活躍したい方
■人材派遣会社を起業する方
■人材(派遣)コーディネーターになりたい方 など
目指せる資格 ・NPO/JIPCC認定 キャリア・カウンセラー資格
・NPO/JIPCC認定 プロフェッショナル 人材コーディネーター資格
短期間でコーチングの資格を取得! 【エグゼクティブ・コーチ養成通信講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】252,000円(総額制・税込)
【その他】教材費15,750円 ※クレジットカードでの分割払いもご利用できます。
標準期間 約6ヶ月
送付物 マニュアル(認定、シニア、エグゼクティブコース)3分冊/一括配布、サブテキスト、参考資料
対象 初心者歓迎!以下のような方におすすめの講座です(全国どちらからでも受講可能)。
■コミュニケーション技術を高めたい方
■自分のキャリアアップを図りたい個人の方・大学生の方
■新たな活路をつかみたい個人の方
■ビジネス業界で活躍中の方、これから活躍したい方
■ビジネス業界における管理部門で活躍中の方、これから活躍したい方 など
目指せる資格 ・NPO/JIPCC認定 エグゼクティブ・コーチ資格