不況時代に重宝するCADの資格

CAD

CADは設計者が描いた図案などを元にして、ソフトを使いコンピューターの上で、図面を描くのが仕事です。
その仕事に就くためには、機械や建築、電気、半導体など色々な知識が必要ですから資格を取得しておく必要があります。

CADは手書きの図面は修正するのがとても困難ですが、CADで図面を作れば、例えば記号や登録、拡大をしたり縮小するなどが手軽にパソコン上で出来ますし、修正も変更も作業が楽になり、効率よく仕事ができるので、図面のCAD作成の需要はとても高いです。

資格を取得しなくても、デザイナーやオペレーターとしての仕事はあるのですが、経験なしでこの業界に入るのはとても無図化しいことだと思いますから、CAD利用技術者、建築CAD検定試験、CADデザイナーの資格を取得しておいた方が有利に仕事に就くことができるのです。

資格の種類は色々とあり、CAD利用技術者は、CADを使った技術を明確にして、一定のレベルに達している受験者を評価して認定をするといいうものです。レベルによって1級と2級に別れています。

CAD検定試験は、図面が正しく理解できているか、入力技術に的を絞って基本が理解できているのか検定で確かめます。

それ以外にも建築CADデザイナーやCAD実務キャリア認定制度などの資格もあります。

実は知らない… CAD通信教育のメリット

メリット
※画像はイメージです。

CADの資格を取得するメリットについてですが、これと言って大きなメリットがあるわけではないのですが、例えば就職をしようと思っている際に資格を持っていた方が、CADの技術も知識も理解していると言うことの証明になりますので、有利になります。

どこに就職するにしても、最初にCADの資格を持っていることともっていない人では、第一印象が違ってくると思うのでもっていた方が良いでしょう。

また不況にあまり左右されない業界ですし、建築業界のみならず、様々な業界で物を作る、設計をすると言うことになれば、CADの作業は避けては通れない作業でもありますので、これから先も、不況に関係なく安定した仕事に就くことができる資格であるというメリットもあります。

不況に左右されないとはいえ、建築専門で建売住宅など、範囲を狭めてしまえば、仕事がもしかすると激減することもあるかもしれませんが、様々な仕事を請け負っているようなCADの事務所の場合には、あまり経済状況に左右されないのが特徴です。

CAD資格を持っていることで幅広いジャンルの仕事に就くことも出来ますので、もっていないよりは、もっていた方が就職や転職にも断然有利となります。

これから取得を考えているなら取っておいた方が良いでしょう。

知って得する! CAD通信教育のデメリット

デメリット

CADの資格を取得することのデメリットの一つに学費が高いことが上げられます。
様々な資格がありますが、スクールに通って資格を取得する際には学費が高くなりますし、通って技術を身に付けるまでにかなり時間もかかるのがデメリットです。

通信教育でも身に付けることはできるのですが、CADという特殊な資格から、通信教育で1人で進めていくことに不安を感じている人も多数いるようです。
その上で、実際にCADの資格を取ったところで、役に立たなかった、資格を持っているよりも現場では経験や実績が物をいう業界だったというケースが多いです。

高いお金を出して勉強をして資格を取ったからと言ってすぐに就職先が決まるとも限りませんし、また就職や転職の際に少しは有利にはなるでしょうけれど、未経験の場合には資格を持っているだけではあまり有利に働かないのがデメリットです。

CADの世界では資格を持っていることよりも、どちらかと言えば、経験があるか、その作業をやったことがあるかどうかの方が、大切であり重要視されると言われてます。
もちろん資格を取って損をするということはないのですが、思ったよりも、あまり効力がない、もっている意味がないというのがデメリットとしてあげられます。

CADの資格を取得すると…

≪活躍の場≫
CADの活躍の場は、設計事務所や建築会社・機械関係などの企業を中心に拡大中。
最近では技術色の濃いこれらの現場に加え、アパレル関係のデザインなどにも普及してきています。
さまざまな設計になくてはならないものになってきているCADスキルは、設計・製図を扱う企業への就・転職に必須のスキルになりつつあります。

近年は3D立体映像もかなり進化しており、上級技術者へのニーズも高まっています。

≪こんな人が向いています≫
CADの作業は、製図トレースと同様、細やかな神経が必要とされるものが多いため、女性に向いている職業と言えるでしょう。

コンピューターに向かって黙々と作業をこなす仕事でもあるので、根気も必要になります。
そういう意味でも、一つのことをきちんと最後までやり遂げる事のできる人にはおすすめです。

また、今後はCADオペレーターだけでなく、設計者自らがCADスキルを身につけるケースも増えていくでしょう。

通信教育で【資格取得するための裏技】紹介します。

裏技紹介

資料請求してみて初めてわかった事なんですが、
通信講座というのは実は【会社によって金額や内容が若干違う】って事。

知らない方も多いんですが、私も実際に資料請求して初めて知りました。
例えば「ユー〇ャン」と「〇チイ」の会社から取り寄せた資料の内容は、違います。

金額も期間も入学金も違います。
安ければいいって事もありませんし、期間が長ければいいって事もありません。

かといって、選んだ資料請求先から資格の勉強をして、
後になって後悔なんてしたくありませんよね?

そこで私が経験した裏技を紹介します。
失敗しない選びのために、色んな企業の通信教育の資料を取り寄せてみましょう。
中には≪合格できなければ全額返金≫というすごい企業もありますので、資料請求する時は一社で決めるのではなく、 数社資料を取り寄せてみる事をオススメします。

初心者でも安心!『CAD利用技術者』 1級・2級の一発合格を目指す! 【CAD資格合格講座】
費用 【入学金】0円
【受講料】81,000円(総額制・税込)
【その他】※分割払あり(5,600円×15回)
標準期間 約6ヶ月
送付物 テキスト5冊、CD-ROM、ガイドブック、資格試験受験のてびき、模擬試験、提出課題、質問用紙、レポート通信票、他。
対象 ★初心者歓迎
・CADオペレーターを目指す方
・就転職に有利な資格を取得したい方
目指せる資格 CAD利用技術者 1級・2級